« 想像力の筋肉を鍛える | トップページ | 60年前の権力闘争 »

2007年3月19日 (月)

エルンスト・ヘフリガー追悼

 心不全のためスイスのダボスの自宅で17日、死去したという。享年87歳。

 今年1月28日にNHKテレビで見た姿が見納めとなった。 そのときの感想は、このブログにも書いた。老境の名テノールがドイツ語で歌う日本歌曲は神韻縹渺で未踏の境地に分け入っている感を深くした。

 アカショウビンは1961年に録音されたカール・リヒター指揮ミュンヘン・バッハ・オーケストラの「ロ短調ミサ」(BWV232)を懐かしく聴くのだが、先日1986年録音のシューベルト(スイスClaves Records)も購入した。テレビでは、老いてなお矍鑠たる姿に刺激もされた。これから、じっくりと老テノールの枯淡の境地を味わっていこうと思う。

|

« 想像力の筋肉を鍛える | トップページ | 60年前の権力闘争 »

コメント

いつも携帯の不携帯で申し訳ない。アカショウビンは読ませてもらっている。健康状態はどうだ?夜更かしは毒だぞ。食べて睡眠をとるように。メールアドレスにメールを下さい。

投稿: 泉辰朗 | 2007年3月22日 (木) 午後 01時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/14322509

この記事へのトラックバック一覧です: エルンスト・ヘフリガー追悼:

« 想像力の筋肉を鍛える | トップページ | 60年前の権力闘争 »