« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月29日 (木)

はべら

 「島ノ唄」という伊藤 憲監督の映像ドキュメンタリー作品を観たのは昨年の8月6日だった。そこでアカショウビンは初めて島尾敏雄夫人のミホさんの姿を映像で拝見した。きょうの朝刊にミホさんの訃報が報じられていた。25日に脳内出血で亡くなられていたのが発見されたという。

 その作品を観たかったのは、島尾作品に描かれる奄美の加計呂麻島での出会いの可憐さから、結婚後の壮絶な愛憎生活で描かれるひとりの女性の姿が一目見られるという、ただただ好奇心からだった。作品の宣伝によると詩人の吉増剛造さんが島尾ミホさんと話している、という。アカショウビンは、島尾作品のファンだという会社の後輩の若い女性からそれを知らされて昨夏、東中野の小さな映画館へ観に行ったのだった。島尾敏雄夫人としてのミホさんのことは島尾ファンならずとも作品を読めば知りたく思うはずだ。1986年に敏雄氏が亡くなられたあとは常に喪服で暮らしておられるとも伝え聞いていたから余計に興味を掻き立てられた。

 海辺で吉増氏と語り合いながらミホさんは、蝶のことを奄美では聖なる存在と見なして、蝶に出会うと、お辞儀をします、といった話をされていた。蝶を「はべら」あるいは「あやはべら」ともミホさんが生まれ育った加計呂麻では呼んでいたと言う。それは三角の徴で着物や住まいの中に折り込まれ表現されている、とも語っておられた。

 吉増さんの願いに応じてミホさんの母親が唄ってくれたという「子守唄」を唄う。歌詞の大意と部分的な単語はアカショウビンにも聴き取れたが内地の人には全く異国語としか聴こえないだろう。しかし折口信夫の明察では琉球語と日本語は同族語で奄美の言葉もそれは同様であるのだから、内地の人も聴き取る意志があれば、ミホさんの声を通じて、それは言霊というしかないものは伝わるのかもしれない。

 あの作品は奄美の空の風景を見事に撮りきっていた。台風銀座と呼ばれる奄美の千変万化する空の美しさと面白さをキャメラはよく捉えていた。それは、おそらく奄美で生涯を閉じた孤高の画家、田中一村も魅了された空と思われる。

 新聞の片隅の記事でミホさんが家族に看取られることなく、お一人で逝かれたというのが知られアカショウビンはミホさんの死が一村の死の姿とも重なり、人それぞれの臨終の異相に改めて瞑目した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

60年前の権力闘争

 バッハから武満 徹までの限られた作曲家や指揮者がアカショウビンの楽しむ「クラシック」音楽だが、その導きの糸となったのはフルトヴェングラー、ワルター、クナッパーツブッシュといった今や神格化されてもいる巨匠達の演奏だった。特にフルトヴェングラーの録音には高校生の頃から未だに傾倒し、たまに棚から引っ張りだして聴き続けている。当時の水先案内人のトップは宇野功芳氏。氏はじめ評論家諸氏の演奏評を頼りに鬱蒼たるヨーロッパ音楽の森へと分け入ったのだった。氏が推奨するフルトヴェングラーの音楽は確かに凄かった。己の精神というのか魂というのか、物心がつきはじめた少年の心をムンズと掴んだのである。

 その戦前、戦中、戦後の演奏はともかく、ナチスとの確執も公になっていて戦前から戦後のヨーロッパ史と絡めてアカショウビンには、未だにハイデガーという哲学者の生き方と哲学と共に関心の的なのである。

 そのフルトヴェングラーとカラヤン、チェリビダッケという戦後の「クラシック」音楽界の巨匠たちの確執を活写した「カラヤンとフルトヴェングラー」(中山右介著 2006年1月10日 幻冬舎新書)という本を興味深く読んでいる。

 アカショウビンはアンチ・カラヤン、アンチ・トスカニーニ派だ。それはともかく同書で描かれるフルトヴェングラーやカラヤン、チェリビダッケの姿は正にナチズムに翻弄された「偉大な」音楽家たちの凄まじい権力闘争というのがこの本の通奏低音である。

 クラシック音楽界では神格化されているフルトヴェングラーも、この書のなかでは若いライバル(カラヤン)を徹底して蹴落とそうとする旧世代の権力亡者というのが少しガッカリ。

 今もウィーンやベルリンはそうなのであろうか。多分そうだろう。しかし音楽と政治は別物、というフルトヴェングラーがナチスと己の生をかけて抵抗し問うた(それは一人よがりというのが丸山眞男や中山氏はじめ大方の識者の認識のようだが)は既に解決済みとも思われない。ウィーン国立歌劇場の音楽監督の我らが小澤征爾氏は大丈夫だろうか。昨年はじめに健康は回復したと伝えられたが魑魅魍魎の暗躍するらしい彼の音楽界で小澤氏もまた権力闘争の渦中で疲弊しておられるのではないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

エルンスト・ヘフリガー追悼

 心不全のためスイスのダボスの自宅で17日、死去したという。享年87歳。

 今年1月28日にNHKテレビで見た姿が見納めとなった。 そのときの感想は、このブログにも書いた。老境の名テノールがドイツ語で歌う日本歌曲は神韻縹渺で未踏の境地に分け入っている感を深くした。

 アカショウビンは1961年に録音されたカール・リヒター指揮ミュンヘン・バッハ・オーケストラの「ロ短調ミサ」(BWV232)を懐かしく聴くのだが、先日1986年録音のシューベルト(スイスClaves Records)も購入した。テレビでは、老いてなお矍鑠たる姿に刺激もされた。これから、じっくりと老テノールの枯淡の境地を味わっていこうと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

想像力の筋肉を鍛える

 不眠の朝に、音なしでテレビ見ながらチャンネルを替えていると、武満 徹のドキュメンタリーをやっていた。面白そうなので所々は音を出して見た。タイトルの言葉はそのときの武満のものである。

 その前には黒澤 明の「乱」の音楽についての両者のやりとりが面白かった。武満は、あの作品に、人の声だけで能のような音楽をつけたかったという。また黒澤はマーラーのような音楽を書いてくれと要求したとも。そのうちお互いのすれ違いで武満が憤慨したことなど作品が出来上がるまでの紆余曲折が興味深かった。

 「乱」という作品は黒澤晩年の超大作で鳴り物入りの宣伝での興行だったという印象は残っている。番組で武満夫人が明かす話は、武満が黒澤との遣り取りで仕事をなかば投げ出してしまった、という感もあったがアカショウビンは「乱」は武満の音楽が、その前の「どですかでん」よりも深く印象に残った作品だった。特に、夕暮れ(だったと思うが)兵たちの隊列をロングショットで撮ったシーンに流れた、それこそマーラー的な「葬送」の音楽はとても印象深くよかった。

 武満 徹という音楽家の全容は未だ明らかにはなっていないだろう。番組では奥様が武満にとって映画音楽の仕事はアルバイト的なものではなく、相当なエネルギーを費やしたと語っていた。映画音楽は武満にとって片手間仕事ではないのだ。映画音楽作品を映画と共に聴くことで武満という音楽家の光芒は新たな磁場を発するに違いない。

 そのセンスが抜群なのは篠田正浩との「心中天網島」のガムランやトルコ音楽の引用の見事さでわかる。

 映画とは映像と音楽の掛け算だ、といったのは黒澤 明だったはずだ。

 篠田氏が映画音楽とは、映像の中に侵入したり、逆に跳ね返されたり、云々という話も面白かった。「心中天網島」は、篠田正浩の最高傑作ではないか。それが武満の音楽によって「魂を吹き込まれた(取意)」という篠田氏の述懐は、なるほどと思わせるものがあった。あれは、例えばパゾリーニが「王女メディア」で使った日本の新内(だったと思うが、あの音楽は誰が監修したのか)と同等か、それ以上の効果を産み出していたとアカショウビンは想い起こすのである。

 しかし、それほどの映画音楽は昨今の作品にどれほどあるのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 7日 (水)

キリスト者とは?(続き)

 アカショウビンがキリスト者として想い起こすのは遠藤周作である。高校から大学の頃に読んだ小説の中で遠藤周作というカソリック小説家は出自に対するコンプレックスが裏返しとなって「狐狸庵もの」を書いていたはずだが、どこかの文学誌の対談で三島由紀夫が「何であなたは、あんなつまらないもの書くの?(取意)」と訊ねられていたのが面白かった。

 遠藤周作独特のバランス感覚と生真面目な三島の対比が良く出ているエピソードと思った。

 遠藤の「沈黙」は日本文学の中でも高く評価された作品である。その後もキリスト者として生きた遠藤が世に出した「イエスの生涯」と「キリストの誕生」には聖書学者からの痛烈な批判もあった。

 田川健三氏の遠藤批判の急所は遠藤に届いたのであろうか?また雑誌等や公の場でやりとりがあったのであろうか?どなたかご存知の方がいらっしゃれば、お知らせ頂ければありがたいのだが。

 イエスあるいはキリストを思索するうえで日本という國で、また現在のバチカンや世界中の教会で、そのイエス像、キリスト像は日本では島原の乱の頃から現在まで、どのように変貌しているのかアカショウビンは詳らかにしない。しかしハイデガーが対決した近代西洋哲学と「西洋の運命」という問いと回答のなかで俎上に上げられたキリスト教が、現在のキリスト者たちにとっても黙殺することが不可能な思索であることは戦後のフランスやドイツの思想界を垣間見れば或る程度は読み取れる。

 欧米を通底するキリスト教文化の命脈はどれほどあるのだろうか?という問いはどの程度に現在の政治情勢を含んだ「世界」と共振しているのか?それはアカショウビンにとって追求してみる誘惑に駆られる問いであり現象だ。キリスト教神学やイエス観も田川氏の指摘によれば(「宗教批判をめぐる」(2006年 洋泉社))この二、三十年で独仏や日本でも大きく変貌してきているという。

 この國の靖国論争や本居宣長以来の国学思想と絡めながら眺めることは面白そうだが、保田與重郎も集中して読みながら神道論については随時書いていくつもりだ。宮田氏や田川氏の論考、聖書にもあたりながらイエスとは?という問いの回答を出していくこともあるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

キリスト者とは?

 日曜日は仕事が気になり会社へ行かねばと思うがアルコールを体内に注ぎながらテレビを見ていると時はいつのまにか過ぎてゆく。朝の音楽番組、将棋、囲碁と見てしまうのである。

 きょうもNHK杯囲碁の準々決勝戦を見たあとに「こころの時代」という番組を続けて見ていると何か書いておかねばならぬと触発された。

 番組は宮田光雄さんというキリスト者を取材している。南原 繁に学んだというのは丸山眞男とも親交があったのではあるまいか。氏は南原教授の最終講義を聴かれたという。それが氏の人生で決定的な影響を受けたという。戦後の丸山の仕事も当然強く意識されて同時代を生きたであろう。日本人のキリスト者として生きるということは丸山眞男とは異なる思想を持つということである。南原 繁の精神(ガイスト)に触発されるということはアカショウビンの先の「精神とは?」という問いとも呼応する。

 南原教授がカント学を追求し宮田氏がドイツ政治思想史を選択したのちキリスト者としてナチズムの研究を続けたというお話は興味深い。ヒトラーの思想にもキリスト教思想が反映しているという視点はドイツでも未だ明確にされていないのではないか?カール・バルトが「地上のものを一切絶対視しない」という視角で聖書を通して思索を続けたことは仏教徒であるアカショウビンも強い関心を持つ。

 バルトはボン大学の教授として「ハイル・ヒトラー!」を拒否し職を追われたという。極東の島国に生きるアカショウビンもナチズムはハイデガーやフルトヴェングラーとも関連しながら未だに関心を持続している歴史的事実である。ヨーロッパにおけるナチズムへの深い関心は十数年前にクロード・ランズマン監督の「ショアー」という映像作品でアカショウビンも確認した。

 番組で「私は生かされた」と言う宮田氏の言葉はキリスト者だけでなく宗教的経験を持つ者には共通の感慨であろう。仏教徒やイスラーム教徒も恐らくそうであろう。カント以来の近代西洋哲学では「超越」という認識がそれであろう。そこで哲学と宗教はどのように異なるのか?それは未だ明確に解決されていないのでなかろうか?

 アカショウビンは道元、日蓮、親鸞等の思想を通じて仏教というか仏教哲学に親しんでいる者だが聖書の文言にも触発される者である。そこで宗派を超えた理解とは何か?という問いも発したくなる。

 宮田氏が「イエスさま」「平等」という言葉を発するときに、その根拠は果たして宗派を超えているのであろうか、という問いも湧き起こる。

 ナチズムの研究を通して現代と切り結ぶ宮田氏の思索はどれほど現実と相関しているのであろうか?

 その思索は政治思想学者として日本国憲法の是非にも踏み込む。それは左右両翼の論客も耳を傾けねばならない意味を持つであろう。

 バルトが1968年に亡くなる夜に次のように友人と電話で話したという。

 「世界は暗澹としているが意気消沈だけはしないでおこうよ。この世に支配する方がおられる。しかも全世界にだよ。神が支配の座についておられる。(中略)神は見捨てたまいはしない(取意)」。翌朝バルトは奥さんがいつものようにモーツァルトの音楽を流しても起きてはこなかったという。「神の大いなる肯定」とも宮田氏は述べる。

 この番組の中で宮田氏が言及しなかったのはハイデガーである。宮田氏はハイデガーの思索をどのようにお考えなのかがアカショウビンの関心である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

追悼 池田晶子

 池田晶子さんの訃報を今朝の朝刊で知った。アカショウビンは池田さんの熱心な読者ではないけれども埴谷雄高が晩年に対談した女性として関心を持ってきた。連載を書かれていた「サンデー毎日」はたまに買うので飛ばし読みくらいはしてきた。いい加減な読者から追悼されるのは、あの世で苦笑されているだろうが埴谷雄高と思索の続きを楽しく語られているだろう。この世紀は存在論から認識論の世紀、というご主張にはハイデガー読者としては異論もあるけれども。

 それにしても46歳とは早すぎる。カント以来の認識論哲学の再考に新たな光を当てていかれる仕事の渦中であったろうに。ご冥福を祈る。

 人の死とは、病や寿命で自然に、あるいは事故で突然に、あるいは自死で覚悟のうえ、と様々だ。現代は病を相当に科学的に予測も出来る。腎臓ガンを告知されたのだろうか。今は告知するのが一般的だろうから恐らく告知されていたと思われる。しかし学者として仕事が円熟に入る、これから、というときに斃れられたのが傷ましく思うのである。その衣鉢を継ぐお弟子さんがおられることを重ねて祈ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

後継者

 引退を表明した円楽さんが、次の落語界を背負う逸材として小朝を挙げたらしい。アカショウビンは同意しない。「大御所」が名指した人として夕刊紙は書きたてていたがアホな!とアカショウビンは舌打ちする。

 小朝の才覚を認めるにやぶさかではない。しかし「落語界」を背負う逸材で一番に挙げる噺家であるわけがない、ということに盲目な円楽という噺家の才覚をアカショウビンは認めない。言い過ぎだろうけど。

 将棋の世界で、名人が勝負に負け、よい後継者に棋界を任せられます、と言ったとき、それは恐らく99.99%正確な発言だ。しかし、「大御所」と巷で奉られる老人が、業界の後継者は彼だ、と断定したとき、その判断は9割の確率で誤っていると思う。証明はできないけど、直感で。

 噺家の実態をアカショウビンは多少なりとも経験している。小朝の小才より数段面白い噺家はいくらでもいるよ、円楽さん。元よりアカショウビンはチンピラが嫌いである。談志なんてのは以前も書いたけれどガキだと思っている。小朝は円楽さんの言葉を鵜呑みするほど馬鹿ではないだろう。しかし人は増長する生き物である。

 落語界に多少なりとも関心を持つ者としては底辺の厚みが増していると思う昨今の現状は言祝ぐべきであろう。しかし老害をまかり通させてはいけない。駄言は駄言として棄却すべきである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »