« 老テノールの日本歌曲 | トップページ | 新鮮な挑戦者 »

2007年1月31日 (水)

決戦の日

 将棋の名人戦が毎日・朝日の共催になった結果は、ファンとしては一応寿ぐべきだろう。当初、連盟が毎日新聞との契約を一方的に破棄したことにアカショウビンは呆れ、怒った。それは毎日を虚仮にする行為だったからだ。将棋界の仕組みをご存知でない多くの方に詳細は省くが、非は将棋連盟にあったことは明白である。その「難局」を凌いだのは将棋連盟の米長会長の「勝負手」だった。朝日との共催という「奇手」が功を奏した形になったわけである。最悪の結果は毎日新聞が共催を拒絶し将棋連盟と袂を分かつことだった。将棋ファンとしては共催を受け入れた毎日新聞の度量に心から拍手を送る。

  米長会長がおっしゃる通り将棋は日本の文化である。事は団体、組織の面子を超えて将棋という伝統文化を守り育むことに帰着しなければならない。小中学校で授業の中に取り入れていこうという東京都の教育委員でもある米長会長の提案にアカショウビンは賛同する。石原都政に賛同しなくても米長会長の大胆な提言は好しとする。

 ところで明日2月1日は名人戦挑戦者レース(順位戦という)の8回戦である。最終戦の前だが、これが面白い。トップを走るのは郷田九段。イケ面である。将棋も本格派だ。その後を追うのが谷川九段と羽生王将。8回戦はこの両者がぶつかる。郷田九段が勝ち谷川九段が負けると最終局を待たず森内名人の挑戦者は郷田九段に決まってしまう。谷川九段ファンとしては残念である。ここは何としても天敵羽生王将を負かして最終局に望みをつないでほしい。

 というわけで明日は将棋ファンにとって興味津々の日なのである。夜は将棋連盟に駆けつけ大盤解説を謹聴したいのだが仕事で山梨へ出張。結果は明日の夜に判明する。

|

« 老テノールの日本歌曲 | トップページ | 新鮮な挑戦者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/13734880

この記事へのトラックバック一覧です: 決戦の日:

« 老テノールの日本歌曲 | トップページ | 新鮮な挑戦者 »