« 戦の意志 | トップページ | 年の始めに »

2006年12月31日 (日)

モーツァルト・イヤー

 大晦日のNHK教育テレビはモーツァルト尽くし。紅白や他のチャンネルを回し観てもここへ戻る。モーツァルトではないが内田光子とムーティのベートーヴェン第3協奏曲も楽しめた。

 アカショウビンが若い頃に12月はFM放送でバイロイトのワーグナー特集を聴くのが楽しみだった。最近はもっぱらDVDとCDだ。ワーグナーの音楽とは何か?それを探ることは西洋音楽の全体像をつかむ上で不可欠である。モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームス、マーラー、ブルックナーと聴いて、その中に屹立するワーグナーとは?フルトヴェングラー、クナッパーツブッシュといった大指揮者が音楽生命を賭けて演奏したリヒャルト・ワーグナーとは何者か?

 そう問うことは西洋音楽とは何か、と問うこととも関連する。まぁ、音楽なんて楽しめばいいではないの、そんなにしち面倒臭く考える必要はないでないの?という声も聴こえる。しかしアカショウビンも西洋音楽から多くの恩恵を受けた一人である。その中でアカショウビンは、「西洋」と「音楽」は「何か」という問いへ誘われる者なのである。そこではワーグナーを介しモーツァルトが大きな意味を持って迫る。この「天才」とは何か?と併せて問いたくなるのだ。

 まぁ、それはアカショウビンの人生のなかで生涯問い続ける、答えを出すのがもったいない(笑)問いでもある。ともかく、こうしてモーツァルトを聴きながら年を越す幸せに感謝しよう。何とかアカショウビンも2006年を生き延びた。その幸いを2007年に何か結実させるようにしたいものだ。

|

« 戦の意志 | トップページ | 年の始めに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/13282923

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト・イヤー:

« 戦の意志 | トップページ | 年の始めに »