« 手塚治虫 | トップページ | M・フーコーの思考 »

2006年11月12日 (日)

山形・庄内の旅

 先週は山形の庄内地方へ観光とお仕事。行きの飛行機は雷雲の中を揺れに揺れた。それでも何とか庄内空港へ着陸。生きた心地がしなかった。飛行機嫌いのアカショウビンには心臓に良くない。無事に着陸した時には本当に命拾いした思いだった(笑)。

 さて空港からバスに乗ると晩秋の山形は庄内柿がそこここの木々に実っている。遠くには月山の冠雪も見える。道路脇には群集し餌を啄む白鳥の姿が目を楽しませる。霰混じりで間断して降る激しい雨のなか地元農協も訪問した。最新の機械で庄内柿が自動的に選果される様子も見学。さらにバスは鶴岡市へ。市内では致道博物館を見学。かつて仕事で鶴岡へ来た時は立ち寄る暇なく通り過ぎた建物である。

 古代の竪穴住居や古人骨、庄内竿や北前船の展示が興味深い。高山樗牛の書も。「吾人は須らく現代を超越せざるべからず」。藩主の居間も覗いた。北前船と海運業で潤った庄内藩を支えた藩民の民具が見事なものだった。「文化」は当時の遺物を通して後代に遺される。しかし精神はどうか?人々の生活と精神も時代を経る過程で刻々と変化する。その変化は殆どが見過ごされて人々はアクセクと日々を生きる。

 晩秋の庄内の天候も時々刻々と変化する。過酷な冬は今も昔も変わらない筈だ。そこで生き続けるヒトの存在についてアカショウビンはしばらく感慨に浸った。

 翌日は天気も回復。最上川から紅葉を眺め舟下りも楽しんだ。帰りの飛行機は行きとは異なり実に快適。飛行機嫌いのアカショウビンだが、たまには飛行機もいいんじゃない、と実に単純なのであった。

|

« 手塚治虫 | トップページ | M・フーコーの思考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/12657386

この記事へのトラックバック一覧です: 山形・庄内の旅:

« 手塚治虫 | トップページ | M・フーコーの思考 »