« 無給仕事と映画寸評 | トップページ | 真実の心象風景と狂気 »

2006年11月 3日 (金)

遠方より朋来る

 昨日は仕事で埼玉県の岡部へ。北関東の広々とした景色は心を癒す。深谷市に統合されて岡部の葱も深谷葱として出荷されるようになったというお話も伺った。先日来た時は土砂降りの雨にたたられたが昨日は天気も良く、しばらく歩いた。葱畑、牛小屋、乗馬場の匂いが心地よい。自然の豊饒な存在を伝えてくれる。ヒトは自然から生成され、時間という時に棲む存在である。

 仕事を終え社に戻り、残り仕事に眼を通して社を出る。夜は今年6月に沖縄から転勤してきた高校同期のK須田君と新橋で飲む。後からS木君もやってきて話は更に弾んだ。

 アルコールが体内に満ちてくる勢いでS木君の知っている店へ。何でも外国の歌しか歌えないという洋風の店だ。マスターは危なそうなスキンヘッド。アカショウビンは先日池袋のフィリピンパブで失敗したサイモンとガーファンクルの「ミセス・ロビンソン」に性懲りもなく再挑戦。またも見事にハズして情けなかった。S木君は「ハイウェイ・スター」他をノリノリで歌いまくり。K須田君も二人に煽られてマイクを握った。

 おかげで終電に乗り遅れ上野のカプセルホテルで沈没。休日の初日は午前様であった。K須田君、S木君お疲れさん!また会おう。それにしてもM永君が来年の市議選に出馬予定という話は寝耳に水。同期の面々で政治家になったのは何人かいるが50を過ぎて出馬というのは初めてではないのか。まぁ、健闘を祈ろう。

|

« 無給仕事と映画寸評 | トップページ | 真実の心象風景と狂気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/12536362

この記事へのトラックバック一覧です: 遠方より朋来る:

« 無給仕事と映画寸評 | トップページ | 真実の心象風景と狂気 »