« 頭蓋骨に打ち込まれる鉄道線路 | トップページ | 青葉茂れる »

2006年6月27日 (火)

運命の垂直的超越

 フーコーの先の書物の中で彼がビンスワンガーの「現象学的なスタイルの分析」を論評して次のように述べるところは興味深い。

 「悲劇的表現の軸が位置づけられるのは、実存の垂直軸の上にである。悲劇的運動は、常に垂直と落下に関するものであり、その運動の特権的な印を帯びた点とは、上昇の動きが転落の寸前で停止し、微かに揺れうごく均衡が達成される点である。(中略)悲劇の役割とは、運命の垂直的超越を顕現するものだからである」(「フーコー・コレクションⅠ狂気・理性」2006年5月10日 ちくま学芸文庫 「ビンスワンガーの『夢と実存』への序論」p83)。

 続けて次のように言う。

 悲劇的表現、叙事詩的表現、叙情詩的表現のそれぞれに固有な構造には、したがって、人間学的な基礎が存在するのである。(同書p84)

 さらにこう言う。

 われわれが考慮すべき唯一の問いに立ち戻ることにしよう。それは、実存の全歴史の人間学的構造といったものを形づくる、それらの実存の本質的方向性はどのように構成されるのかという問いである。(同書p84)

 おそらく、フーコーの後期の思想の展開の契機とも出発点ともなった一つの問いが、ここに提示されていると思う。それはハイデガーの存在論とも、保田與重郎が人麻呂の挽歌を通して説く思想とも呼応している。

|

« 頭蓋骨に打ち込まれる鉄道線路 | トップページ | 青葉茂れる »

コメント

この論考はいささか高尚的過ぎてわかりにくいのですが...というよりフーコー的語彙が多くて抽象論めいてしまってますね。blogで展開するにはムリがあるのでは。概念をもっと丁寧に検証して言い換えないと自己撞着に陥るおそれあり。

投稿: スタボロ | 2006年6月28日 (水) 午前 04時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/10695666

この記事へのトラックバック一覧です: 運命の垂直的超越:

« 頭蓋骨に打ち込まれる鉄道線路 | トップページ | 青葉茂れる »