« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月28日 (水)

青葉茂れる

  小津安二郎の「彼岸花」(1958)という小津にとっては最初のカラー作品で、中学の同級生たちが同窓会の宴会で「青葉茂れる桜井の里のわたりの夕まぐれ・・・」という「大楠公」の歌を、自ずと皆が唄いだすシーンがある。アカショウビンは久しぶりにこの作品をDVDで観直して面白く思い、そのシーンに心安らいだのだった。音楽を担当した斎藤高順と小津の絶妙の呼吸がそこには現れている、と感嘆した。

 先のブログに苦言が呈されていたので、あれこれ少し説明してみようかと思ったが、ぐずぐずしているうちに、あるHPに書き込んだ「彼岸花」の感想を読み直してると、そのシーンを思い出した。うん、これをマクラに使えば何かスタボロ氏にアカショウビンの意図するところを伝えられるかもしれない、と愚考。ところがさっぱり考えは進展しない。それでは、とさっさと諦め、とりあえずご返信申し上げよう。

 スタボロさん、先のブログはアカショウビンにとって、言ってみれば禅の公案のようなものと理解していただければよいと思います。フーコーの言説は確かにフーコー的語彙が多く、それを突然引用しても面食らうのが当然とアカショウビンも恐縮致します。しかし、ここのところの身辺雑記だけでは読んでるほうも書いてるほうもつまらないと思い「直感的に」、ちょうど読みかけて触発された本の面白い部分を書き抜いて考えてみよう、と思ったしだい。「直感精読」という、これは将棋の手の読み方なのですが、加藤一二三元名人の至言もあります。

 フーコーという、それは哲学者なのか精神分析医なのか学者なのか思想家なのか、そのいずれでもありそうな人の言説は難解だが面白いのであります。それはホントにそうなのである。フーコーの思索は独特なのである。それは単に難解というものではなく、アカショウビンも含めておそらく多くの人の、また生半可な哲学者や精神分析医や学者や思想家たちの思考の常識をひっくり返す衝撃を持つものと言ってもよいでありましょう。

 当ブログは仮にも「存在をめぐる思考」と大風呂敷をひろげてあります。じつを申せば、しがない日常のなかで熟考したい事どもというのは、正にそのようなことでもあるのです。しかしいかんせん、俸給生活の哀しさ。日々の仕事にかまけ、この世に棲む時は、この歳になりますと加速するかのように無常に過ぎてゆきます。しかし非力ではあれ蟷螂の斧の如く何者かに身構える。アカショウビンがこの世で生きる姿勢をとりあえず譬えれば蟷螂であります。まぁ、雌に食べられることだけは御免被りたいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

運命の垂直的超越

 フーコーの先の書物の中で彼がビンスワンガーの「現象学的なスタイルの分析」を論評して次のように述べるところは興味深い。

 「悲劇的表現の軸が位置づけられるのは、実存の垂直軸の上にである。悲劇的運動は、常に垂直と落下に関するものであり、その運動の特権的な印を帯びた点とは、上昇の動きが転落の寸前で停止し、微かに揺れうごく均衡が達成される点である。(中略)悲劇の役割とは、運命の垂直的超越を顕現するものだからである」(「フーコー・コレクションⅠ狂気・理性」2006年5月10日 ちくま学芸文庫 「ビンスワンガーの『夢と実存』への序論」p83)。

 続けて次のように言う。

 悲劇的表現、叙事詩的表現、叙情詩的表現のそれぞれに固有な構造には、したがって、人間学的な基礎が存在するのである。(同書p84)

 さらにこう言う。

 われわれが考慮すべき唯一の問いに立ち戻ることにしよう。それは、実存の全歴史の人間学的構造といったものを形づくる、それらの実存の本質的方向性はどのように構成されるのかという問いである。(同書p84)

 おそらく、フーコーの後期の思想の展開の契機とも出発点ともなった一つの問いが、ここに提示されていると思う。それはハイデガーの存在論とも、保田與重郎が人麻呂の挽歌を通して説く思想とも呼応している。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

頭蓋骨に打ち込まれる鉄道線路

 ミシェル・フーコーがビンスワンガーの「夢と実存」という著作を分析したなかでタイトルの症例が紹介されている。ビンスワンガーが報告している患者は次のような話をしたという。(「精神病理学における空間問題」1933年2月24日 『神経学精神医学年報」所収)

 「ベッドに横たわると、部屋の窓のむこうに見える鉄道線路の一部分が、地平線からはずれて部屋の中に闖入し、部屋を横切って自分の頭蓋骨に穴をあけ、杭のように脳に打ち込まれるという思いにとらわれる」。(「フーコー・コレクションⅠ狂気・理性」2006年5月10日 ちくま学芸文庫 「ビンスワンガーの『夢と実存』への序論」p77)。

 この症例は、先日観た「茶の味」(2003年 石井克人監督)という映画作品で逆の姿で現れる。こちらでは、主人公の少年の額から電車が出てくるという映像で。脚本も書いた石井監督は、おそらくビンスワンガーのこの報告を、直接にか、あるいはフーコーの著作を通してか読んでいると思われる。それは唐突なアイデアと思われたが、なるほど根拠のある設定なのだな、と納得した。

 フーコーの論考は1954年に出版されたものである。その頃の一連の論文を読むと、明らかにハイデガーの存在論を視野に入れて思索する人物がそこにいる。フーコーはドイツ語に堪能で、ハイデガーの影響と思われるが若い頃からヘルダーリンの詩にもかなり親しんでいる。そのフーコーが、代表作の「言葉と物」、「狂気の歴史」、「性の歴史」を発表したあと最後はエイズで死ぬという事実はとても象徴的なことのように思う。

   第二次世界大戦のあとの世界はナチズムや広島・長崎への原爆投下という人類に突きつけられた新たな問いに回答を迫られるなかで、実に様々な答えが洋の東西で提出された。その中でフーコーの著作はハイデガーやヤスパース、レヴィナスの著作と並び高峰のように屹立している。「言葉と物」は難解だが、それに至る初期の論考は彼の全貌を知るうえで興味深い足跡が読みとれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

T君とK君への手紙

  広島へ転勤したT君と沖縄から東京へ転勤してきたK君へ。転勤族はつらいね。それにしてもT君の場合、先の任地は2年くらいじゃなかっただろうか。少しサイクルが早すぎるのではないか?高校生や大学生の子供を抱え仕事も多忙の貴君達から見ると独身で気ままなアカショウビンは気楽に見えるだろう。けれども、こちらも仕事はマンネリ。会社の業績不振で多くもない給料を減給されるは、そのくせ仕事の負担は多くなるは、で散々なのだ。

 人生50年を越えて生きると来し方行く末を朧に脳裏に浮かべることも多くなる昨今だ。先日、遅まきながら話題の「国家の品格」という本を読んだ。この本を紹介して我が業界のトップも企業の品格、業界の品格を強調していた。それはともかく著者の藤原正彦氏は数学者だが父君の影響もあるのだろう、新渡戸稲造の「武士道」の愛読者でもある。若い頃の米国留学体験から我が国の文化の貴重さに思い至り、もののあはれにも思索をめぐらす御仁だ。著者の主張に8割は賛成だ。特に第1章の「近代合理精神の限界」から説き起こすあたりは興味深い。アカショウビンが興味深く読んでいる保田與重郎の主張の根幹と重なるところもある。この本の感想は既にこのブログでいくらか書いているのでご覧頂きたい。この著作については殆どが礼賛、絶賛の声が巷に満ち溢れているの観ありだが異なる角度から論じる必要性もあると思われる。その辺りは、そのつど、ここに書き込むつもりだ。

 私達が高校生の頃は大学の学生運動が収束する過程で私たちなりに社会への眼も開かれ、それなりの野心をもって生きていたのを思い出す。意気は軒昂、未来へ漕ぎ出す希望と不安の中でヒリヒリとした時を共に過ごしたよな。あれから30数年が過ぎた。人生も後半戦に入った。小生は病も得たが何とか生き延びている。T君からの葉書の「地域経済の活性化に貢献できるよう微力ながら精一杯努力いたす所存」の言や良し。「時代の激流に流されるまま」とは小生も同じだが、少しは反撃もしなければならないだろう。K君も実に十数年ぶりに本社への栄転だ、近く一杯やりたいね。健康にはくれぐれも留意されて貴君たちの益々のご健闘を心より祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

田中一村と蝶

 社の後輩のT島君がベトナム出張で買ってきてくれたお土産を喜んだ。それは現地の蝶を展示したものだった。その中に懐かしい蝶があったのだ。THE GREAT EGGFLYと記されているがリュウキュウムラサキだ。

 アカショウビンが小学生の時の採集コースの、それは田中一村が棲んでいた有屋という集落に向かう途中の傍道だったと記憶する。一本の木に蝶が群舞していたのを思いだす。それがリュウキュウムラサキだったか。いや、よく記憶の光景の細部を辿ると、それはアカボシゴマダラだったのかもしれない。それにしても、その乱舞する姿は本当に美しかった。

 本土の蝶と異なりリュウキュウという名の付いた蝶は独特の華麗さを放っている。それは蝶採集に熱中するアカショウビンたち採集仲間の垂涎の的だった。リュウキュウムラサキもその憧れの蝶のうちの一つである。日曜の朝が晴れていれば嬉々として、小学生には不釣合いの本格的な補虫網を手に出かける。誇らしげにサムライの槍のように補虫網を抱え、あるいは肩にし、憑かれたように目的地に向かう。腰には採集した蝶を保存するパラフィン紙を入れた「三角缶」。仲間の何人かで、時には一人で、ハブも恐れず(今思い出すだにチョッと怖い)採集コースの山に分け入る。それは大人から見ると変にませた鼻持ちならない子供であったろう。しかし小学校高学年時代のアカショウビンの生きがいは蝶採集と草野球に尽きた。

 その展示箱の数々は中学にあがった頃に忽然、殺生は良くないのではないかと子供心にも思い、自宅の前の狭い、それは庭というのが憚られるほどの場所に墓を作り埋めた。以来アカショウビンは蝶を採集しコレクションを作ることは止めた。

 中学時代や高校に入ってからも蝶を追ってたまに衝動的に山に入ることはあった。しかし何で覚えたのか魚釣りのキャッチ&リリースと同様に蝶を捕獲しても少し眺めてから逃がしてやった。蝶の命を通して生き物の命というものに殊勝にも目覚め出したのかもしれない。

 一村の作品にはツマベニチョウ、アサギマダラ、イシガケチョウといった南国の蝶がさりげなく精密に描かれている。一村のような本土の人には植物や鳥と同じように珍しく新鮮だったのだろう。ツマベニチョウは確か生息北限が九州南端だった筈だ。それは白とオレンジ色のコントラストが、この世のものと思えないように美しい蝶だ。一村の作品に描かれる蝶は実に生き写しという描写である。アカショウビンが田中一村という画家に興味を持った理由には、その蝶の描写に魅入られたこともある。

 ベトナムに仕事で行ったのは10年以上前だ。その何年か前にはマレーシアに行った。たしか、そのときに観光客向けの免税店で現地の蝶を展示した商品を販売していたのを思い出す。そこには小学生時代に採集したヤエヤマ(漢字で書くと「八重山」だ)ムラサキも展示されていたのではなかったか?リュウキュウムラサキほどの華麗さはないが、沖縄の八重山諸島にのみ生息する蝶である。南西諸島や本土へは台風で運ばれ風蝶と呼ばれる希少な採集記録しかない珍しい蝶だった。それをアカショウビンは捕獲した。小学校5年生の時だった。

 その場所は浦上という集落から、「国立療養所 奄美和光園」という施設のある有屋に至る道のキリスト教会があった近くの田圃だった。地元の人々が「和光園」と呼び慣らしていたその施設はハンセン病の患者を隔離していたところだ。国の強制隔離政策が1996年に廃止された現在「和光園」はどうなっているのだろうか。一村はそこを訪問し1枚のスケッチを残し「未明 船上より初めて黒き奄美の姿を見る 遥けくも来つる哉の思ひあり 昭和三十三年十二月十七日 和光園にて 田中 孝」(「NHK日曜美術館 黒潮の画譜 田中一村集」昭和61年2月1日 松元邦暉氏の寄稿文の中 p5)と書名している。一村はその「和光園」近くに居を定めたのである。

 沖縄や奄美は世界の蝶の宝庫のひとつと称される台湾につながる、かつて島尾敏雄が「琉球弧」と命名した島々である。一村は島尾敏雄を読んでいただろうか?その頃は島尾敏雄もご家族と共に奄美に移住し名瀬市の図書館の館長として住んでいたはずだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

沖縄と国の品格

 昨日はNHKで額賀防衛庁長官と政府のブレーンである拓殖大学の森本 敏教授と沖縄の人々、本土の人々が普天間飛行場の移設問題で論じ合っていた。きょうは丸木美術館を建てられた館長の佐喜真道夫氏のインタビューが放送されている。

 この国の品格を考える上で藤原氏の論に補足し、或る意味で異論を唱えるとすると、この沖縄の歴史をどう捉えるか、という論点が欠かせない、と再認した。

 佐喜真氏が話すように沖縄戦は空襲だけの本土の戦争経験と異なり、元寇の時以来と思われる、その比ではないであろう過酷な地上戦を経験している。この違いを多くの日本人は認識しているのだろうか。子供たちや若い両親にとってそれが十分に伝えられているとは昨今のこの国の言論を読み聴きしていると決してそうは思えない。昨日のテレビでの論争や佐喜真氏の語る経験を通して痛烈に実感するのは靖国だけではなく、広島と長崎に落とされた原爆の記憶と共に沖縄戦の風化が現実のものとなっているのを痛感する。歴史の記憶の持続の難しさは現実のものである。

 広島で生まれ原爆の絵を描き続けた丸木夫妻が沖縄戦の絵に生涯の最後を費やしたという事実は偶然ではないだろう。広島と沖縄、この国の歴史が経験した二つの場所の歴史を忘れてはならないと思う。

 昨日の番組で日本政府を代理して話す額賀防衛庁長官の姿と語りには誠実さも感じられる。しかし、それは政治家の能弁でもある。その言説を聴く日本人や韓国人、中国人、米国人、また沖縄の人々の表情に見られる疑いや苦渋、あるいは嘲笑と、古老が淡々と語る語りと表情には、この国の背負う切実なものが集約されているように感じた。

 それにしても佐喜真氏が丸木夫妻との出会いを通じて語る話にはヒトの経験の根幹と急所が息づいている。絵画は音楽の聴覚とは異なり視覚を通じて現象的に真実を伝える芸術である。それは田中一村の生涯と作品を見てもそう思うのだ。

 昨夜から、きょうにかけてテレビ番組や先日購入したDVDで小津の「早春」という昭和31年に封切られた作品を見た。「早春」はサラリーマン亭主の浮気による夫婦の危機を物語の主軸にしながらも戦後の日本の復興ぶりも映像に留めている作品だ。そこには小津の、戦後の社会や若い人々の考えなどに対する、さりげない批評も折り込まれている。そのような映画作品と現在の人々が沖縄をめぐって諸説を論じる映像を見ていると思案はあれこれ錯綜する。

 そこでは「国家」の品格について藤原氏の視点には賛同しながらも異なる視角について考えざるをえない。すると、この国にとって靖国ばかりでなく広島と沖縄の歴史を通じた心を理解しようとする意志のない言説は無効であろう、とアカショウビンは確信するのだ。それは沖縄へ過酷な集中攻撃をかける米軍に対し悲壮でかつ愚劣ともいえる特攻をかけた戦艦大和にも思いは至る。沖縄戦と大和の特攻は、あの戦争の中で、異なる事実ではない。そこには、日本という国の意志と歴史が象徴的に浮かび上がっていると思われる。なぶり殺しにされた沖縄と大和の姿は呼応しているのは言うまでもない。54万人の米軍が攻撃した沖縄戦の地獄にどれだけ思いを寄せられるか?それが現在を生きる日本人にとってはリトマス試験紙となっているのではないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 9日 (金)

この国の品格

 6日に日帰り仕事で山形の高畠へ行って来た。東北新幹線「つばさ」は福島で切り離され、米沢から山形へ向かう。同じ経路を冬に辿る時の景観の変化とは何という違いか!南島生まれのアカショウビンには、この美しさは異郷のものである。冬に福島から米沢に入る景色の変化は日本という国に棲む楽しさを思い知らせる。

 その間に携帯した本は藤原正彦氏の「国家の品格」と保田與重郎の「萬葉集の精神」。この二冊を山形の田園風景を楽しみながらパラパラ読む。そこがアカショウビンらしいところである。何のこっちゃ、と言うなかれ。雪景色から緑なす山並みと米沢から山形への景色の変化には瞠目しながら、この国の姿と観念を比較分析、綜合しようと悪戦する。これがアカショウビンの、この世に棲む楽しみなのである。

 で、「国家の品格」は?「萬葉集の精神」は?まぁ、まぁ、急ぐなかれ。貴兄弟も貴姉妹も、ゆるりと、この世の不可思議と愚劣と快楽を併せ楽しむに如かず。

 日本有数の穀倉地帯を移動しながら、アカショウビンは現今の小学校教育に関して藤原氏が「小学生が新聞の経済欄なんかに目を通す必要はありません。ましてや株価欄に目を通す必要などまったくない。もっとはっきり言うと、社会に目を開く必要すらない。そんな暇があったら漢字を、国語をきちんと学び、足し算、引き算、掛け算、割り算、分数、小数をきちんと学ぶことです。」という主張に激しく同意するのである。

 氏はインド人が19×19の暗算が出来るように教育されていることを指摘しインドでの昨今のコンピューター産業の進歩・発展の理由はそこにもある(取意)と述べている。その事実は初めて知って驚く。なるほど!九九では太刀打ちできないわけだ(笑)。だからといって、日本もインドに対抗するのか?コンピューター産業でインドや韓国に負けないためにそれを強要すれば良いのか?

 それは現実の、この国が遭遇しているアホらしくも真面目でもありかねない教育の現状ではないのか? 

 まさか、ではあろう。しかし世の父親や母親が教師たちにインド人を越えるためには、あるいはコンピューターに習熟するために、19×19の暗算を我が息子や娘に叩きこんでください、と教師たちに懇願したとしよう。そうなれば、この国は果たして衰亡するや繁栄するや否や?そこから、この国の行く末を思索するのも面白くなくはないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

追悼、今村昌平

  今村昌平監督が亡くなった。79歳。その歳までよく生き、晩年まで創作意欲が衰えなかったのはやはり凄いことだと思う。晩年の作品よりアカショウビンにとっては若い頃のド迫力がイマムラという監督の真骨頂だと思うが、果たして今村昌平という映像作家は成熟したのか?したとすれば、どのようにか、という問いは面白そうでもある。

 黒澤 明にしても、大島 渚にしても若い頃の作品のエネルギーは戦後という時代の中を生きた証といえるものだ。今村は大島の知性と対極をなす庶民の生と性の生々しさを白黒のスクリーンにはおさまりきれない迫力で表現した。アカショウビンが今村昌平という監督を知ったのは学生の頃だから、それは昭和40年代の後半から50年代の前半にかけてだった。今では懐かしい池袋の文芸座で観たオールナイトの今村昌平特集は強烈だった。戦後日本の庶民の生と性を実に生々しく映像にした才覚は黒澤とも大島とも、ましてや小津とも異なる個性としてアカショウビンは痛烈に認識した。

 今村の作品群は大島 渚とは明らかに異なる、あえていえばそれを笑い飛ばす、対極をなすエネルギーで満ち溢れている。そのエネルギーは中年から老いる過程で漸減していったようには見えたが、それは映画作家も肉体的・身体的にはヒトという存在の変化を作品に表すものとして自然なものとアカショウビンには思えた。

 「今村のパワー」という言い方が初期の作品には陳腐だがやはり一番ぴったりする。今村昌平は映画作家として実に精力的に時代と交わり、視抜き、それを生々しく映像化した。

 30日に亡くなった報を知りアカショウビンは追悼のために「にっぽん昆虫記」を観直した。日活の昭和三十八年芸術祭参加作品である。かつてオールナイトで観た今村昌平特集でもっとも印象深く圧倒されたのがこの作品だった。  

 作品の存在感は左幸子という女優の存在感でもある。この登場人物を造型する今村という監督の個性は白黒のスクリーンにおさまりきれないエネルギーを発散させている。ギラギラ、テラテラ、噴出するイマムラのパワーは二十歳を出たばかりのアカショウビンには刺激的で圧倒的だった。そしてまたそれは魅力的で実に「時代」を切り取り、それと切り結んでいるとも思えた。映画という「武器」を駆使し小説では描けぬ人間の姿を見事に表現し「闘っている奴」だとも。アカショウビンはスクリーンの照り輝きに挑発された。今、観直して、あのオールナイトで観た時の作品のエネルギーを改めて追体験する。

 左幸子を通して描く女という異性の本性とも言える抉り方は実に人間への視線の深さを示す映像というしかない。イマムラの凄さと面白さは、この頃の作品群にもっともよく現れていると思う。そこには猥雑とも野卑とも言える表現で生と性のエネルギーが噎せるような力をもって充満している。ユーモアも今村ならではのもので、晩年の「うなぎ」にはそういった側面が良く現れておりカンヌなどヨーロッパの目利き達に評価されたのだろう。

 それはやはり小津や黒澤とは異なった個性として戦後の日本映画史に突出する作家だと再認した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »