« アダン | トップページ | 追悼、今村昌平 »

2006年5月29日 (月)

アダン(続き)

 作品の最後で描かれる一村の死は事実と異なると思われるので書き留めておきたい。「田中一村作品集」(昭和60年8月20日 日本放送出版協会)所収の松元邦暉氏の記述によると名瀬警察署の検死調書は次のようになっている。

 「パンツ一枚で4・5畳の北西角に、西側に頭を向けてうつ伏せに倒れ、顔をやや北側に向けて死亡していた。死者の近くには現金八万円、合計二百二十五万円の定期預金通帳」

 映画では家の外の畑で斃れているので、少し気になった。しかし、それで、この映画作品の価値を損なうことがないのはいうまでもない。

 映画を観て改めて想い出したのは、千葉で描いた軍鶏の絵である。映画では一村が闘鶏に魅入られるシーンがあり、図録によると昭和28年に描かれた「花と軍鶏」という作品は、そのような過程を経て出来あがったとされている。

 1996年1月、三越美術館・新宿南館で開催された一村展では米邨と号していた千葉時代の作品も多く展示された。「水辺夕景図」や「黒牛図」という作品はそのときに初めて観て画家の力量と才覚を改めて思い知った。その作品群の中でアカショウビンは色紙に描かれた作品に一村の洒脱な側面を垣間見て興味深かった。巷間、奄美時代の作品に興味が集中しているが千葉時代の作品にも見るべき作品が多い。しかし一村は、そこから更に脱皮を図ろうと四国、九州の旅に出る。その間に南島の空気と香りを嗅ぎ取り、それを運んでくる黒潮の彼方の島を憧憬したのであろう。

 その日本画が奄美に渡って劇的な変化を遂げる。その異相は、画家の眼と視る対象というのは、生活の変化と五感が求めるものによって、こんなにも変化するものか、と驚くのである。

 映画の中で村田雄浩氏演ずる友人の画家、荒木泰雲の、画家としては私の負けだ(取意)という台詞と彼が自殺したというエピソードは一村への最大のオマージュだ。

|

« アダン | トップページ | 追悼、今村昌平 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/10287868

この記事へのトラックバック一覧です: アダン(続き):

» アダン/南への誘い [マダム・クニコの映画解体新書]
実在した孤高の日本画家、田中一村の、求道者のような激しい生き方を描いた秀作。監督は「みすず」「HAZAN」などの五十嵐匠。 アダン アダンとは、一村が好んだモチーフの南国のフルーツ。パイナップルに似た大きな赤い実をつけるが、食べられない。自由で大らかな南国の象徴であり、一村が幻想する少女の名前でもある。 家族のほとんどが結核で亡くなり、姉と2人残され、自身も結核を病む一村。 あまりにも天才的な才能が災いし... [続きを読む]

受信: 2006年5月31日 (水) 午後 11時32分

« アダン | トップページ | 追悼、今村昌平 »