« 恕しとは? | トップページ | 年の始めに考ふべきこと »

2006年1月 3日 (火)

ニューイヤー・コンサート

 大晦日に「恕し」について今年は思索しようと思い立ったのも束の間、ウィーン・フィルのニュー・イヤーコンサートを見ていたら、それはさておいてオーケストラの名手達の表情と指揮者の選曲に思わず聞き入りバレーにも見とれてしまった。アカショウビンは実に気まぐれでアバウトなのである(笑)。

 我が小澤征爾の姿をそこに見たのは何年前だったろう。小澤氏は中国語で「新年、好!」と世界に呼びかけたのだった。そのCDはクラシック音楽では記録的な売り上げを記録したとか。

 今年は外見は日本人以上に生真面目そうなラトヴィア人(旧ソ連の一地方だったがロシア人とは異なる民族であることを彼は強く自覚している)指揮者が奇抜な選曲で楽しませてくれた。「モーツァルト党」なんていう曲は初めて聴いた。優等生が変な笑い顔を作っているようなこの指揮者、なかなかの曲者だ(笑)。

 あぁ、それにしてもオーケストラの名手達の遊びを楽しめるアカショウビンは、このときばかりは良い時代に生きているのだな、とささやかな幸せを楽しむのだ。ヒトとは音楽を楽しむ生き物なのだ。大晦日にテレビで小澤氏と日野原医師のコンサートを見ながら、アカショウビンにとって音楽とは祷りと哀しみ、とのたまったのを、この時ばかりは撤回し、音楽とは愉悦であり愉楽であるとも了解するのである。

|

« 恕しとは? | トップページ | 年の始めに考ふべきこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/7976871

この記事へのトラックバック一覧です: ニューイヤー・コンサート:

« 恕しとは? | トップページ | 年の始めに考ふべきこと »