« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月29日 (日)

「SAYURI」

一昨日は山形へ一泊の仕事。2連チャンの新年会でへろへろになり昨夜遅く帰宅したのできょうは一日ゴロ寝。したがって「単騎、千里を走る」も「キング・コング」も観れなかった。そこで暮れに観た「SAYURI」の感想を書いておこう。

物語は米国や英語文化圏の人々にとって不思議の国ニッポンを理解するのに興味深い材料を手際良く料理した作品とは言えそうな気はする。 

導入部でのこの監督のキャメラの特徴はクローズアップだ。前作(になると思うが)「シカゴ」の時のパターンをここでも踏襲している。それが遊里の隔絶された世界に生きる少女の孤独を異文化の眼にも違和感なく伝えるのに効果をあげたとはいえる。俳優陣も達者だ。桃井かおりは見事な遣りて婆さんを演じた。監督はベテランと売り出し中の中国の二人の女優を競わせ他の俳優陣もキャスティングに成功している。

しかし扇子を振り回す芸者踊りには閉口した。踊りで効果を挙げる狙いは「シカゴ」のパターンを繰り返しただけという不満も残る。歌舞伎を取り込んだのは異国趣味の最たるものだろう。それが後に、この作品が何かの賞で音楽賞だったか踊りの部門で受賞したというのは、「踊り」とは民族性を超えたところでしか国際的には理解されないということなのだろうか、といった疑問も抱かされる。

ここでもチャン・ツィイーは熱演である。「初恋のきた道」は、もう何年前の作品になるのだろう?映画というメディアのクローズアップ技術の非情さをツィイーという女優の変化を見て改めて思い知らされもする。

それより作品の出来はどうか?異文化の一人の女の数奇な人生を、ここまで見事に描いた才能は評価しよう。「ラストサムライ」に比べれば人間が描けていると言えるかもしれない。セットも見事だ。土佐の遊郭は資料を詳しく調べているようにも思われる。あの土佐の遊郭に詳しい宮尾登美子の作品を見事に映画化した五社英雄の「鬼龍院華子の生涯」なども参考にしている風情も感じられる。

ところで「芸者は動く芸術品」といった形容は果たしてどれくらい本気で理解されているのか?また、この作品の異文化の受容例としてレベルはどれくらいだろう?見終わって、強い印象はそれほど残っていないのはアカショウビンの正直な感想だ。それは、この手の作品に抱く個人的な偏見によるものなのか?

有名女優と有名になりかけ俳優を使っての「一丁あがり!」といった仕上がり感がアカショウビンには不満として残ったのである。しかし、それはないものねだりだろうか?

毎日新聞には宮尾登美子さんが「みつめる 昭和八十年」というタイトルで月に1回、自らの生を振り返っておられる。そこには土佐の高知の娘たちの苦界が哀切な叙述で回想されている。宮尾さんの記憶から紡ぎ出される世界のひとつの現実を、米国製のこの作品は良く映像で定着したとは思うのだが、異文化理解の難しさもまた思い知らされるのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

楽しみな映画

 今週の土曜から張 芸謀(チャン・イーモウ)の新作「単騎、千里を走る」が上映されるというのでテレビではメイキングをやっている。途中からだが見させられてしまった。

 周知のように張 芸謀は現在の中国映画界というより世界的なレベルで評価される映画作家だ。中国映画恐るべし、と感じたのは陳 凱歌と張 芸謀という二人の作品を観た、もう20年近くも前のことだ。「黄色い大地」や「紅いコウリャン」でアカショウビンは中国のフェリーニとでも評したい作家が登場したと感じた。つまらなくなっていく日本映画を尻目に忽然と現れたのが中国の二人の映画作家だった。

 この作品に主演した我らが健さんを中心にメイキングは作られているのだが、健さんの過去の主演、出演作品も紹介された。その中ではアカショウビンも学生時代に観た「君よ憤怒の河を渡れ」もあった。それは当時、飯田橋の名画座で見た。映画が終わってトイレに入り用をたしていると、何と隣にこの作品に出演していた老俳優(うーん名前が出てこない)がいたので感激(?)したのを思い出したりした。しかし作品自体は、新宿の街でサラブレッドを走らせるといった演出の大げささなどが大味で気に入らなかった。ところが、この作品は中国で空前の大ヒットしたという事はかなり後で知った。その理由が張監督によって語られる経緯を興味深く聞いた。この作品は中国人にとって文化大革命の後に観た初めての外国映画だったというのだ。

 文化大革命という中国国民にとって苛烈な体験を人々は重ね合わせてみた、とナレーションは語り、20歳前だった張監督は、この作品で高倉 健という俳優に惚れ込んだと言う。高倉 健という俳優を起用して映画を撮りたいという願いが、やっとこの作品で叶えられたとも。このリップサービスばかりとも思えない語りは日本の一映画ファンにとって心から嬉しい。 

 昨年から今年にかけての正月映画は何か盛り上がらない感じがした。暮れに見た「SAYURI」もチャン・ツイィー見たさに劇場に足を運んだが不満だった。二人の中国人女優を操り、なかなかの仕上がりだったが異文化と向き合い妙に生真面目になっているところは前作「シカゴ」の面白さのほうが勝っているのではないか、とも思う。しかし「ラストサムライ」よりは日本と日本人を良く描いた佳作であることは間違いない。我らが桃井かおりも遣りて婆さんを好演した。

 来週はこの作品を観る楽しみも出来た。「有頂天ホテル」も期待している。好評の「キング・コング」も楽しみだ。何だかんだ言いながら今年もふらふらと劇場に足を運ぶことになりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

歌姫(3)

 ビルギット・ニルソンが先月25日に亡くなったという報をアカショウビンは遅まきながら今、CDの通販のホームページで知った。ニルソンは、世界的な、これは欧米のクラシック業界という注釈をいちおう付けて言うのだが偉大な歌手として列挙されるうちの上位に必ずやランクされる存在だ。

 アカショウビンにとって本物の歌い手とは、昨年11月16日の「洗練と土俗(古型)」で朝崎郁恵さんの声に触発されて述べたように、歌う意志というより本能というか肉体的というか、とにかく声に出して歌う、あるいは謡う、詠う、唄う、と表現することが、その「人」が生きる根幹となっているような存在である。ひいては、お金を出しても聴いてみたいという衝動に駆り立てる存在。それは或る場合、我が国で言えば美空ひばりのような国民歌手ともなるのである。

 ニルソンはワーグナー歌手である。ゲオルグ・ショルティという、クラッシクの通にはあまり高く評価されることの少ない指揮者が録音したワーグナーの「ニーベルングの指輪」はショルティ嫌いをも唸らせた名盤として未だに評価されている。ニルソンはそこに参加したことで後年の赫々たるキャリアを歩み始めた。その「指輪」のリメイクLD(!)で見られるニルソンの姿は、素朴で愛らしい笑顔が少女のように魅力的な歌い手という印象だ。1918年生まれというからご長寿だ。大往生だったと思いたい。遅まきながら心からご冥福をお祈りする。

 こんどの休日はニルソンを偲びアカショウビンもLDとDVDで、その姿を目にしようと思うのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

恕し(続き)

  NHKの「こころの時代」という番組で西田幾多郎(1870~1945)が取り上げられていた。そこで紹介された西田の哲学というより彼の人生が興味深い。西田は30代で愛する弟が日露戦争の旅順攻略戦で戦死する。その後も1919年、長男、謙が腹膜炎で病死する。更に次女と母を相次いで亡くし、妻も5年間の病を患い1925年に亡くなる。知人は、そのような西田家を旧訳聖書のヨブの家に喩えたという。

 西田はそのような人生を生きながら、心情を短歌に託し、「われ未だ此の人生を恋ゆるらし このうえも(ここは不明)生きたくもあり死にたくもあり」と歌う。敗戦の時の日誌には「人生はトラジック」と書き、弥生という娘も亡くす。そのような人生の悲哀の中で哲学徒西田幾多郎は己の哲学と人生を通して宗教を考えたと思われる。

 番組の紹介者は、ハイデッガーが人間は死と出会う存在である、と言いながら、「私の死は未だ死を切実に考えていない」(ということは自らの死を客観視できない矛盾の中で人は思索するしかない、ということだろう)と述べたことを紹介し西田も同じ思いを抱いていただろう、と述べる。

 友人の鈴木大拙(1877~1966)は、西田哲学を書かれたものだけでは理解できない、と評したとも。西田哲学がそういうものを含んでいるというのは厳密と厳格に貫かれている印象に風を通してくれる。西田の弟の死の知らせを受け取り大拙が米国から追悼の手紙を書き送ったのも互いの友情の深さを思い知らされる事実だ。

 その鈴木大拙が最初に出会った死は6歳の時の漢文学者であった父の死である。大拙はそれを良く記憶していたという。大拙の禅への思索は父親の死が一つの原動力になっているのかもしれない。それだけに片親で育った大拙は母親への愛情がいっそう深く、彼は母親が桔梗の花のような人だった、と評し、その死を深く悲しんだ。また年の若い弟子である柳 宗悦の死にあたっても、「柳のようなこういう人格は死んでも人の心のなかに残るだろう(取意)」、と弔辞を読んだという。

 鈴木大拙と西田幾多郎の間にはかけがえのない友情が続いた。西田が亡くなったあと、あと5~6年生きていたら、もっと深い対話が出来たのに、と大拙は西田の死を惜しんだという。大拙が西田の哲学にも影響されただろう戦中に書いた「日本的霊性」はアカショウビンも読み、深く刺激された書物である。

 西洋哲学を学び、禅を通して哲学から宗教的な思索も深めた西田や、欧米に禅を伝えた大拙のような宗教者の人生を知るとアカショウビンも後半の人生を半歩でも深めて生きたい欲求が湧いてくるのである。恕しを考えるうえで東洋的なこのような視点を欠かすことはできない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

年の始めに考ふべきこと

  今年は如何なる年になるらん、と或る人の問い給ひければ、吾、真意を直ぐには測り難かりしかど、これも何かの機縁と受け取りしかば、次の如く答へたり。

 曰く、今年が如何なる年になるか知らねど、互いの命永らへること自明と思ふは笑止なり。汝が先か我が先かは知らねど、人の一生一寸先は分明にあらず。如何なる年か、かくなる年か。何処の国の宰相の如くへつらひ笑いの面相にして賢しらなる戯言申すは滑稽なり。人の将来、世の未来に物申すことは、いかほどかの慎しみとあらん限りの智慧を駆ってすべし。

 また曰く。誠に人の一生は一寸先は闇。かく古人はいみじくも深きところから教へ給しなり。その教へ心に聴けども身に聴く人は稀なり。もし心身共に聴く人あらば頭を低くして彼の人の申すこと聞き漏らすべからず。それ師の器なり。

  しかあれば、年の初めに先ず心得るべきこと次の如し。汝と我の互いの生の危うきこと忘るべからず。如何なる年になるらんか、俄かに知ること難かり。然れども汝と我のこの世に在りて互いに言の葉交わせらるる事の不可思議革めて考へるべし。これ一大の不可思議にあらずや。西の洋の彼方の配出解留と言う人物、人はこの世に投げ入れられて在りと申せし。さればこの世の外とは何ぞ、またこの世とあの世と両世ありしか。等々いと不可思議なる事つらつら考へるべし。

 この年は戌の年とかや。戌は犬にはあらねども世間で言ふがごとき犬とすればそは実に賢き生き物なり。愚かしき人より賢きこと明らかなり。人、命永らへれば賢き犬よりさらに考への少しばかりも深めるべし。彼の人、吾のかく言ふに苦笑ひして立ち去りしなり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

ニューイヤー・コンサート

 大晦日に「恕し」について今年は思索しようと思い立ったのも束の間、ウィーン・フィルのニュー・イヤーコンサートを見ていたら、それはさておいてオーケストラの名手達の表情と指揮者の選曲に思わず聞き入りバレーにも見とれてしまった。アカショウビンは実に気まぐれでアバウトなのである(笑)。

 我が小澤征爾の姿をそこに見たのは何年前だったろう。小澤氏は中国語で「新年、好!」と世界に呼びかけたのだった。そのCDはクラシック音楽では記録的な売り上げを記録したとか。

 今年は外見は日本人以上に生真面目そうなラトヴィア人(旧ソ連の一地方だったがロシア人とは異なる民族であることを彼は強く自覚している)指揮者が奇抜な選曲で楽しませてくれた。「モーツァルト党」なんていう曲は初めて聴いた。優等生が変な笑い顔を作っているようなこの指揮者、なかなかの曲者だ(笑)。

 あぁ、それにしてもオーケストラの名手達の遊びを楽しめるアカショウビンは、このときばかりは良い時代に生きているのだな、とささやかな幸せを楽しむのだ。ヒトとは音楽を楽しむ生き物なのだ。大晦日にテレビで小澤氏と日野原医師のコンサートを見ながら、アカショウビンにとって音楽とは祷りと哀しみ、とのたまったのを、この時ばかりは撤回し、音楽とは愉悦であり愉楽であるとも了解するのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »