« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

恕しとは?

 戦後60年が過ぎてゆく。アカショウビンはテレビで今年10月に小澤征爾が広島で行った演奏会のフォーレのレクイエムをテレビで観聴きしながら、その感想を述べてみよう。

 2年前、小澤氏にこの企画を持ちかけた94歳の日野原重明医師は、広島・長崎の過ちを二度と繰り返さないため、あるいは戦争を繰り返さないためには「恕(ゆる)し」を伝えることだと述べる。それはキリスト教的な思想背景を持つものであろう。周知の通りフォーレの作品は深いカトリック信仰から生まれたものだ。だからというわけでもないが若い頃からアカショウビンは、その「砂糖菓子」的な少し甘美に過ぎる音楽があまり好きではない。同じレクイエムならヴェルディかモーツァルトのほうがよほど好きなのである。

 しかし広島・長崎の原爆で亡くなった方々を弔うのにフォーレを選んだ小澤氏と日野原医師の選択は好みを越えて聴くべき音楽でもある。アカショウビンにとって音楽の急所は祈りと哀しみである。その音楽観からすればフォーレは殆どその範疇の音楽だが、不思議と音楽的に共感し難いのはアカショウビンの偏屈なところである(笑)。

 ここで重要なのはフォーレの作品はともかく日野原医師と小澤氏の意図がキリスト教的磁場をどれくらい越えて共感されるかだろう。恕しとは何か。無神論者や仏教徒、イスラーム教徒ほか諸々の異教徒にとって「恕し」という概念はどれほどの価値を持つのか。

 古今東西、ヒトは死者を弔うことで自分達の存在の危うさと貴重さを自覚してきた。そしてキリスト教的死生観の基調にあるのは罪の意識=原罪である。「恕し」とはこの思想から出てくるものだ。無神論者や仏教徒はここで違和を感じる筈だ。戦争の災禍を2度と繰り返さないために「恕し」という概念が果たしてどれほど意味を持つのか。

 これは興味深い問題だ。戦後60年を過ぎても問い続け回答しなければならない問いである。来年は更に愚考を重ねたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年12月28日 (水)

ワルターの第九

 毎年、この頃はベートーヴェンの「第九」の違う演奏をCDかレコード(!)で聴く習慣になっている。夜も明けきらない4時半頃、スピーカーで音を出すことも出来ない侘び住まいでヘッドフォンから聞こえる音に全神経を集中した。演奏は先日通販で購入したブルーノ・ワルターの1955年11月13日ウィーン・フィルとのライブ。

 冒頭の音が実に新鮮!思わず引き込まれる。フルトヴェングラーの神秘とは異なる明晰な意志の力と切れ味だ、それは。テンポはきびきびと早い。この時ワルターは79歳である。例えば晩年のクレンペラーのテンポが極端に遅くなっているのをはじめ往年の名指揮者は老年になると概して遅くなる。聴力の衰えてくるせいもあるだろう。しかし、ここでのワルターはどうだろう。実に青年のように快活なテンポだ。だが、これは決してアカショウビンの好みではないのだが・・・。

 3、4年前はCDでフルトヴェングラーのバイロイト盤を久しぶりに聴いた。もう何度聴いたか知れない巷間名盤の誉れ高いこの演奏を久しぶりに聴き直して改めて震撼したものだ。しかし、このワルターも好みを越えて納得するしかない演奏だ。フルトヴェングラーとも他の誰とも異なる、これはワルターの第九だ。言ってみればそれは名人の演奏というしかない。オーケストラもソリスト達も、そして合唱も作品は熟知している筈だ。ワルターも特に綿密な練習はしていないだろう。しかもライブだ。そこは阿吽の呼吸というものだろう。バスのゴットロープ・フリックの緊張もライブならではだ。

 それにしても木管の柔らかい響きと弦の美しさはやはり格別だ。フルトヴェングラーが逝って1年、ウィーン・フィルもワルターの指揮で演奏に集中しているのが聴き取れた。翌日の新聞には「ウィーン風ではない」ときつい批評が出たそうだが2005年暮れに50年前の演奏を聴いたアカショウビンはワルターの若々しい演奏を聴いて襟を正したのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

女の力(続)

 硬直とナイーヴの間にあるのは自由だろうか。先に紹介した売り出し中のジャズピアニスト上原ひろみのテレビの再放送で再度彼女が演奏する姿を見てそう思ったのである。17歳でプロを志した少女は目標に向かってまっしぐらに進み本場で見事な評価を得た。あぁ、アカショウビンののらりくらりとした青春とは何と違うことか(笑)またオスカー・ピーターソンとメル友とは!というより最近のジャズ界に疎いアカショウビンにとってピーターソンがまだ生きていて、しかもメールを使いこなしているというのが笑えるというか驚きというか嬉しくなる。アメリカの高齢者達と日本を比較したインターネットあるいは携帯電話メールの普及率のデータがあれば知りたいものだ!

 フリージャズ以降というより西洋古典音楽でもピアニストは肉体労働という側面があるのは中村紘子さんが既に指摘されていたのではなかったか。「ピアニストという蛮族」というのは、そういう意味とは違っていたか(笑)?それはともかく我がジャズメンでは山下洋輔がその前衛を未だに走り続けているはずだが・・・。しかしその跡目は現在間違いなくこの女性ピアニストが継いでいるのではないか。彼女のピアノとの一体感とノリは、それは素晴らしい見もの聴きものだ。正に、この国は女ならでは明けぬ国である(アカショウビンはかつて森繁久弥が演じた社長シリーズで使ったこのフレーズが何とも好きなのである)。本日はアカショウビンには別世界のフィギュア・スケートの世界でも15歳の少女が世界のトップを極めたとテレビは喧しい。

 やはりこの国の女はたいしたものだ。さて我々日本の男共はどうこのギャップを克服していくのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 3日 (土)

硬直とナイーヴ

 阪本順治は我が日本映画の期待の星である。だが、「亡国のイージス」は劇場で見に行き不満だった。その原因は俳優達の妙に硬直した台詞だった。昨夜「この世の外へ クラブ進駐軍」を観た。これまた不満は出演者達の台詞の生硬さと硬直である。

 我が国の映画史を辿れば、言葉に対するデリカシーは小津安二郎を見れば学べる。阪本とてそれを学んでいないわけはなかろう。しかし「亡国のイージス」には、それが徹底されていない。その責任は監督にある。

 アカショウビンは先月かに見た「ミリオンダラー・ベイビー」で、その見事さに久しぶりに映画から何かヒトという生き物の根底的というか、それに対する強烈なメッセージを受け取った。それは人間に対する深い眼差しである。それは先に紹介したパット・モリタさんが演じた「ベストキッド」にも垣間見れるではないか。アカショウビンは我が阪本順治にも、それを期待するのである。映画という媒体を通じて願わくばC・イーストウッドの境地へ到達してもらいたいのである。

 阪本の大先輩である鈴木清順翁から言わせれば「亡国のイージス」は「何かを言いたげな映画」ということになるだろう。役者たちは、いずれも熱演である。中井貴一しかり、佐藤浩市、真田広之、寺尾 聰しかり。しかし監督は作品全体を厳格に掌握しきれていないのではないか?この硬直さは何だろう?

 現在の時代状況が影響しているのは理解できる。しかし作品というのは、それだけでは観客の心底には届かない。少なくともアカショウビンにはかなりの不満しか残らなかった。それは編集をウィリアム・アンダーソンという第三者に任せていることにもあるのではないか?まさか監督がそれを総て承認しているわけでもなかろう。同氏への信頼はともかく阪本の作品全体の統率の曖昧さが原因ではないかとアカショウビンは邪推したのである。

 さて「この世の外へ クラブ進駐軍」はどうか?

 戦後のセットはなかなかだ。しかし、ここでも子役達を含めて台詞の生硬、硬直さは監督の演出の甘さであるとアカショウビンは苦言を呈したい。若い役者達が演技を楽しみ作品の中で自分達のポジションを了解して演技しているのは悪くはない。しかし作品の面白さに果たしてそれは生かされているだろうか?この作品で監督は脚本も書いている。それを知れば監督の思い入れがわからないでもない。ところが演技と台詞は熟成していない。阪本の才能・才覚をすればそれは不可能ではないはずだ。

 いったい何が不足しているのだろう。それは硬直とナイーヴの中間が自覚されていないからだ、とでもとりあえず言っておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »