« 強靭な意志 | トップページ | 日本人あるいは憲法 »

2005年11月25日 (金)

35年前

 35年前、アカショウビンは高校1年だった。東京郊外の私立高で外界から殆ど隔離されたような環境だった。三島の事件を知り担任の国語教師は興奮した。急遽、授業の中で三島由紀夫とは如何なる作家か、を教壇で説いた。

 新聞には三島の首が出た。あれは当日の夕刊だったろうか。朝日だったはずだ。だとすれば翌日だったろう、クラスの同級生が新聞を持ってきた。それが首と判別するのに少し時間がかかった。茫とした写真だったが、それが人の首だとわかると、その凶々しさにアカショウビンは愕然とした。

|

« 強靭な意志 | トップページ | 日本人あるいは憲法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/7307578

この記事へのトラックバック一覧です: 35年前:

« 強靭な意志 | トップページ | 日本人あるいは憲法 »