« 秋は久しき | トップページ | ロハス? »

2005年10月16日 (日)

音楽とは?

 先の斎藤秀雄の書き込みが気になったわけでもないが、休日のアルコールに少し酔い、小澤征爾とサイトウキネンオーケストラのブラームス3番・4番交響曲のLD(DVDではない!・・笑)を引っ張り出して見直した。小澤征爾という指揮者の評価は、先のブログでも書いたように、この国でも世界でも決して定着しているわけではないと思われる。しかし同時代を生きる一人の音楽ファンにとって、それはやはり気になる指揮者なのである。アカショウビンは小澤征爾のブラームスを見聴きしながらブラームスの作品を、小澤征爾という指揮者を通して享受する。それはレコード(!)やCDで往年の大指揮者たちを聴くのとは異なる同時代性という親和感があるのは認めよう。あるいは斎藤秀雄の弟子という知識と共感からもたらされるものであるのも認める。しかし、それは「正統」から見れば取るに足らない演奏なのであろうか。

 小澤征爾という指揮者の価値はどのように位置づけられるのか?アカショウビンにとって小澤の得意なマーラーの音楽に共感するのは、「祷り」と「哀しみ」である。「復活」や3番、5番、何より最期の9番には実に深い「祷り」が聴きとれるのはマーラー嫌いにとっても否定できないのではなかろうか。またあの大仕掛けな8番にも、その「祷り」は如実に聴かれる。その畏敬の対象はアカショウビンにとっては異教の神であるとしても、それは洋の東西を問わない行為と姿ではあるまいか?それは果たして思い込みに過ぎないのだろうか?

 エリー・ナイというピアニストについて先に書いた。そのきっかけになったのは、ある友人の感想とアカショウビンの理解が全く正反対のものであったことに起因する。

 その理由の手掛かりになりそうだ、と思うのは吉田秀和(あえて敬称はつけないのをお断りする。吉田秀和さんは未だご壮健であるが、クラシック音楽の有数の批評家として固有名詞で差し支えないとアカショウビンは思うからだ)が先にも書いたエリー・ナイの演奏会の批評なのである。吉田秀和は、その演奏会がまるでエリー・ナイという女神を聴く信仰の場所のように感じ、ナイの演奏を往年の技術はともかく、その演奏会は技術的に聴くに耐えない演奏として途中で席を立ったと記している。

 音楽がある種の「祷り」と「哀しみ」を本質とするというのは誰もが経験する事実だと思う。もちろん「楽しさ」とか快楽も重要な要素であるのは承知で言うことである。エリー・ナイを女神のように崇める聴衆というのは国は違えど、どこにでもある現象とアカショウビンは思う。美空ひばりに感動する日本人の聴衆とエリー・ナイに感動するドイツの聴衆は本質的に違うとは思えない。しかしそれで美空ひばりとエリー・ナイを拒否することは「音楽」を享受する「場」にいて危うい「状況」にいるはずだと思うのだ。

 趣味的な話で恐縮だが、昨年だろうか、クナッパーツブッシュというフルトヴェングラーほどその名は知られていない指揮者のブラームスを聴いて度肝を抜かれた気がしたことがある。アカショウビンのアイドルは高校生の頃からフルトヴェングラーだった。クナ(狭い世界ではそう呼ぶのだが)も聴いてはいたが当時は少なくとも日本ではフルトヴェングラーほどのレコードがでていなかった。それがここ何年かどっと売り場に放出されてきた。貧しいアカショウビンも、この価格なら激安!と十数枚買い込み集中して聴きまくった。これが凄いのである。クナッパーツブッシュという人は実に個性的というか、いや何とも凄い、あるいはフルトヴェングラーより「指揮者」としての「格」は上かも知れないとアカショウビンは驚愕した。彼はドイツというよりミュンヘンを本拠地として愛された人だ。その彼がドレスデン・シュターツカペレという、これまた当時は実に渋い音色を持つオーケストラを指揮した。1956年と1959年の録音である。そこにはフルトヴェングラー、ワルターとは明らかに異なる、それはそれで見事と言うより凄い!ブラームスが聴かれる。 そのような演奏を聴くと日本人が聴くベートーヴェン、ブラームスと彼の国の人々が聴き取るベートーヴェン、ブラームスは異なるものなのかもしれない、と思いもする。小澤征爾のブラームス、ベートーヴェンは西洋の人々にどう理解されているのか。音楽の特に西洋クラシック音楽に外国人の演奏家が増えて、その民族性が希薄になり「普遍的な」理解の仕方が進んだとも見える最近のクラシック音楽やジャズの現在を見ると、それがアナクロニズムのように見えるとしても、あえて問いたい問いなのである。

 かつて内田光子は音楽に国境はある、と語っていたのではなかったか。アカショウビンも、そう思う時がある。しかし小澤や、その内田光子本人の音楽や演奏会をCDや映像で目にすると、幻想や錯覚ではなく、もしかしたら音楽に国境はないのかもしれないと思うのである。モーツァルトやベートーヴェン、ブラームスは「人類」の共通の至高の芸術遺産だと。しかし小澤征爾の音楽は彼の国では単なるもの珍しい音楽とみなされているのではないか、という疑念を持たないわけではない。

 それはともかく、小澤征爾の音楽作りは部分から練り上げていく細部を大切にする音楽作りだ。その基礎にある斎藤秀雄の指揮法は欧米にも通用していることはウィーンの音楽監督に抜擢されたことからも明らかだ。LDの映像を見て共感するのは、あるパッセージで、そこは「お祈りするように」という「曖昧な」指示を与えるところだ。音楽を「お祈りではなく」、と、かつて吉田秀和は先のエリー・ナイの演奏会に接して語っていた。音楽は、お祈りでなく、言ってみれば「純音楽」として対したい、という感想を書いていたはずだ。その対比は「音楽」という芸術の本質にかかわる問題だとアカショウビンは理解するのである。

 アカショウビンにとって音楽は「祷り」と「哀しみ」が急所なのだ。それは勿論シチュエーションのことではない。エリー・ナイを聴く聴衆の多分異様な雰囲気だったのだろう、その演奏会を聴いて吉田秀和が反発したのはわからなくはない。しかしドイツ人にとってベートーヴェンの晩年のピアノ・ソナタや弦楽四重奏を聴くことは、一種、お祈りの「場」に立ち会っているのではないか、と思わせられるのはベートーヴェンを聴く日本人にとっても、あるいはそれは理解できることではないだろうか?しかし、吉田秀和が、そういった「場」に出くわして違和感をもったということも何となくわかる気がする。技術的な衰えは若かりし氏のあふれんばかりの好奇心と向学心と厳しい審美感に適わなかったのであろう。そのあたりも何となくわからなくはないのがこの問題のやっかいなところではある。

 さて、ここでいったい何が問われているのだろうか。音楽とは祷りか、快楽か、ということか。音楽とは単なる音の羅列にしかすぎないということなのか。少し酔いを醒ましてからあらためて考えてみよう。

|

« 秋は久しき | トップページ | ロハス? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/6425650

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽とは?:

« 秋は久しき | トップページ | ロハス? »