« 自力と他力 | トップページ | ジャズの現在 »

2005年9月25日 (日)

斎藤秀雄という教師

 斎藤秀雄とは、小澤征爾氏率いる「サイトウ・キネン・オーケストラ」の名前の由来になった音楽教師である。氏は指揮者の小澤氏や秋山和慶氏の他にも多くの優れたソリストたちを育て、日本のクラシック音楽にとって計り知れない大きな功績を残した。

 昨日、「斎藤秀雄メモリアル」というDVDを買って見た。斎藤秀雄の伝記は平成14年に文庫になった「嬉遊曲、鳴りやまず 斎藤秀雄の生涯」(中丸美著 新潮社)に詳しいが、 このDVDを観ると、かけがえのない師と弟子の曰く云いがたい関係の一端がわかる。斎藤秀雄という師匠は弟子たちにとって実に怖いけれども限りなく優しい人だったことが小澤氏の話や教え子達それぞれの思い出から伝わってくる。師の思い出を語る弟子達の話を聞くと、かけがえのない教師を持った人々の幸せを痛感する。

 アカショウビンは小澤征爾という指揮者が好きである。日本のクラシック音楽ファンや評論家の多くには決して好ましく評価されているとも思われない小澤征爾という指揮者だがアカショウビンは人となりも音楽も好きなのである。特にビゼーの「カルメン」のCDはレーザーディスクでメイキングも見て楽しんだ。タイトルロールのジェシー・ノーマンはじめ録音のプロセスを通して小澤氏の音楽作りの一端を見て共感するのである。その音楽作りは師のカラヤンともバーンスタインとも違う、小澤征爾という個性が作る音楽でしかないことがわかるからだ。

 小澤征爾という指揮者はクラシック音楽に興味を持ち出した中学生の頃に知った。日本を代表する世界的指揮者という本を読み以来関心を持ち続けてきた。その氏がウィーン国立歌劇場の音楽監督になったというのは西洋古典音楽のファンなら、それがどんなにすごい事かわかる筈だ。しかし、そういった事よりアカショウビンが特に関心を持つのは、小澤氏が指揮者になれた恩を、斎藤秀雄という師のおかげ、と明確に自覚している点である。小澤氏の感性と資質もさることながら「音楽」と、どのように対峙すればよいか、という姿勢を師から骨の髄まで叩き込まれたことを氏は全身全霊で語り、自分の音楽として、それを表現する。その才覚が西洋クラシック音楽界の中核とも言うべきウィーン国立歌劇場の音楽監督として迎え入れられた理由の一つだと思う。日本人として実に誇りであり喜ばしい。

 この映像を見れば、小澤氏や教え子達が語る数々のエピソードから教えられ、思い当たり、学ぶ事は多い。それは、先のブログに書いた道元が天童古仏と敬した師の如淨との関係、あるいは弟子の懐奘との間柄を彷彿させる。アカショウビンも、教育とは、人間とは、音楽とは、などいろいろな事を考えさせられた。また、この映像の中で秋山和慶氏が指揮した、中丸氏の著書のタイトルにもなっているモーツァルトの嬉遊曲K136の演奏が素晴らしかったことは特筆しておきたい。実に清澄で生き生きした、音楽することの楽しさと幸せが演奏者の表情からも見てとれるからだ。

|

« 自力と他力 | トップページ | ジャズの現在 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/6105540

この記事へのトラックバック一覧です: 斎藤秀雄という教師:

« 自力と他力 | トップページ | ジャズの現在 »