« 音霊 | トップページ | 「待望の光明」(続き) »

2005年8月 4日 (木)

「待望の光明」

  「待望の光明」というハイデッガーの先の手紙(1967年9月24日)の中に出てくる語についてメダルト・ボスは尋ねたのだろう。それに答えてハイデッガーは、「非常に残念なのですが「光明(Lichtblicke)」と書く以外に正当なことが書けないのです」と答えただけ(1967年10月1日の手紙)のようだ。

 しかしハイデッガーの思索の中で「光」は重要な意味を持つ。それは仮象とも関連するだろう。いずれ「形而上学入門」の中の「存在と仮象」を再読し、光あるいは視線についてかんがえてみよう。

|

« 音霊 | トップページ | 「待望の光明」(続き) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/5303807

この記事へのトラックバック一覧です: 「待望の光明」:

« 音霊 | トップページ | 「待望の光明」(続き) »