« ヨーゼフ・シゲティ | トップページ | 歴史的仮名遣い »

2005年5月30日 (月)

田中一村について

 横山大観に「隠棲」という作品がある。明治35年(1902年)、大観34歳の時の作だ。縦長の画面の下には、白いゆったりとして温かそうな中国風の衣装に身を包み顎鬚をたくわえた人物が画面左方を向いている。画面の右側には縦長の画幅の5分の1位を領して断崖の岩が切り立っている。下方の中央から、やや右よりに人物が左側を向いて悠然と腰掛けている。しかし、その人物の存在は画面全体の1割か2割しか占めていない。ところが8割とも9割とも見られる何も描かれていない空間と人物は均衡を保っているではないか。何故だろう。画面の殆どは乳白色の何も事物は描かれていない空間だ。しかし、その空間は人物の存在によって何事かの意味を持っているかのように見えるのだが。それはいったいどういう意味なのかわからない。というより、それは果たして意味というようなものなのだろうか。

 私は、その作品を画集で眺めるだけで、茨城の美術館に所蔵されていると記されている実物を見たことはない。しかし強くそう思うのは、田中一村の一連の作品を見ていて一村が尊敬していた大観の作品に込められていると私が感得した考えと、一村の作品群には共通する何物かがあると思うからだ。

 表題の「隠棲」という言葉から大観が作品に込めたと思う内容を言葉にしてみるとこうなる。隠棲とは、私達が生きている空間に十分なゆとりをもって生活し、沈思し、黙考し、その空間で何物かと対峙し、何事かの意味を見出すことだ、と。

 もちろん、隠棲は隠遁とは違うだろう。この作品に世の中から遁れる、あるいは逃げて生きているという風情はない。実に悠々と視線の先の空間と交感しているようだ。大観の技量はこの頃どれくらいだったか、あるいはこの後も進んだのか私は専門家でないから知らない。しかし、この作品からは殆ど作者の「思想」としか思えない境地が私には感じられる。

 私の中には未だに、青春期に大観の作品から受けた衝撃が残っているようなのだ。一村が尊敬していたという大観の画集を引っ張り出し、その巻頭に出ていた「隠棲」を見て、それを忽然、実感したのだった。

 一村の初期から中期の水墨画や屏風絵を観ていると、大観達の日本画に集約される画家達が目指した理想に至る階梯が望見できる気がする。一村と大観を比べて私のような絵好きの素人でも、その程度の感慨はもてる。一村の才覚が玄人から、どの程度の評価を得ているのか私は知らないが、その天から授かったものとしか思えない力量は直覚できる。

 人生の半ば以降に移り住んだ奄美での作品は、画風が変わり新しい境地へ分け入っているのがわかる。私は、その作品に描かれている奄美で育ったから、一村が描いた蝶や植物群、アカショウビンの鳥などを介して描かれる自然と作品の構図には感覚的に共感するところがあるのだ。

 一村は奄美に隠棲することで、自然と対峙しながら沈思し、黙考し絵筆を取り続けた。そこで彼が格闘していたのは何だろう。東京のライバル達か。尊敬する大観か。しかし私にはそれは天が彼に与えた才能であるように思われる。貧乏暮らしではあったが、彼の思想信条は、画家は売り絵を描いてはならぬ、というもので、その潔癖性は世間の常識の埒外にあるものだ。それは、この道しか吾を生かす道なし、と思いつめた、優れた芸術家に共通するものと私は思う。

 しかし彼は何故、奄美を選んだのか?

|

« ヨーゼフ・シゲティ | トップページ | 歴史的仮名遣い »

コメント

一生懸命書かれたことがうかがえました。
一村の評価についてはひとまず置いといて、私が提起したい見方というのは「プロとは何か」ということです。
それはともかくなぜ一村が奄美に行ったか。空腹の者にとって野生のバナナは魅力的だったから。ちなみにこの説は未だだれも言っていない。

投稿: 師匠 | 2005年5月30日 (月) 午前 09時42分

 「プロとは何か」という問いに私は、それは芸で銭を取る人々、ととりあえず答えさせていただきましょう。しかし一村という絵描きにとって、その答えは無効、とはお考えにはなりませんか。
 「芸術家」と世間から称される一群の人々が存在します。もちろんピンキリで有象無象です。しかし銭ではない、と自分の仕事と格闘する変な人達(笑)がいるわけです。一村は奄美で殆ど変人扱いだったわけです。奄美の人達は何と健全だったことかと奄美出身の私は安心(笑)するのです。

投稿: 師匠さんへ | 2005年5月31日 (火) 午前 05時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111335/4335792

この記事へのトラックバック一覧です: 田中一村について:

« ヨーゼフ・シゲティ | トップページ | 歴史的仮名遣い »