2019年6月19日 (水)

ハンナ・アーレント覚書⑥

 ハンナが伝えようとしたものは何か。それを読み解くことは易しくはない。しかし、それは2019年の現在の人間たちや昆虫、植物、動物たちが生息する、この惑星の消長に関わる難問とも関係する。ハンナの後に続く者たちには、その物を思索し回答を出す責務があるとアカショウビンは考える。下手の考え休むに似たるかもしれない。しかし自らの生命が終わるまで、ハンナが言う行為、行動、活動は継続しよう。

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

ハンナ・アーレント覚書⑤

 『政治の約束』は、ハンナが企図して実現できなかった論考を編者のジェローム・コーンが集めたものである。ハンナの著作と思索はコーンが説くように現在こそ再考すべき豊かな啓示である。ハンナの闘いを私たちは継承しなければならぬ。それを痛感する。カーンの序文の中から、それを受け取る箇所を引く。

 ▶アレントにとって決定的な点は、過去に起こった事件の固有の意味が、再現的想像力によって生き続ける可能性を有するということである。それがどんなに私たちの道徳感情を害するものであろうとも、そうした意味が物語で我が事のように体験されるとき、それは世界の深部を教化=再生(リクレイム)する。そのようにして間接体験を共有することは、世界における過去の存在を受け容れるためには、また歴史的現実から私たちが遠ざかるのを防ぐためには、もっとも効果的な方法かもしれない。

| | コメント (0)

就活とチャリティ寄席

 現在のアルバイトでは生活に困窮するだけ。新たな職場を探し本日は面接に向かう。電話で話した担当者の声は誠意を感じる。関門の一つは通過出来そうだ。仕事内容は路上警備。大阪で経験して以来だが、現状を改善するためには選り好みしていられない。夏場の毎日は大阪でも楽ではなかった。その時はまだしも、病を抱え体力の衰えで疲弊するアカショウビンの現在だが力を奮い起こさなければならぬ。ゆるゆると冥土に赴くのだ。

 きのうは、縁ある噺家さんの闘病を励ます落語会に友人と共に参加した。久しぶりに寄席で生の芸を楽しめた。お弟子さんや後輩たち若手の芸を聞けたのは幸い。闘病中のKさんは難病で大変だが八月復帰を目指しているという。昨夜も満員で収容人数を超える盛況だった。ご本人もお弟子さんからの報告を聞いて力を得たことだろう。入院・手術ではアカショウビンのほうが経験豊富である。退院したら寄席で演目を楽しみ積もる話をしたい。

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

孤軍と孤老

 「孤軍」とは秋吉敏子さんのアルバムのタイトルである。孤老とはアカショウビンのような一人男、一人女の生活、生き方と称してもよかろう。現在の世界で、そのような日常を生きている現実は、表向きと内面で様々な現象として伝えられる。ネットや新聞記事でそれを知る。

 先日、高倉 建のドキュメンタリー作品「建さん」(2016年 日比遊一監督)を観た。俳優・高倉 建へのオマージュである。2014年11月に亡くなり既に4年余が過ぎているのだ。建さんと出会った人たちの様々な話が実に興味深く見聞きできる。この不器用で武骨な男の一生が活写されている秀作である。映画ファンだけでなく多くの人に観て頂きたいと切に思う。

 昨夜から今朝に、あれこれ映画や本・CDを観、読み、聴きながら、書きたい事は山ほどある。その幾つかを書くのがアカショウビンの遺言の如きものである。

 「建さん」の映像でもっとも興味深く観たのはマーティン・スコッセシと降旗康男監督の言葉である。それを見れば高倉 建という俳優の本質と生の一端は見事に切り取られている。それは、先日読み終えた「散るぞ悲しき」の栗林忠道という軍人の姿も彷彿する。それはまたハンナ・アーレントの著作を読む契機も促し励起する。

| | コメント (0)

«甘くはなくて、苦みのある